技術紹介

Home技術紹介 › SGM軽量土工法

浚渫・埋立

SGM軽量土工法

新たな地盤材料:スーパージオマテリアル(SGM)を用いた軽量混合処理土

概要

SGM軽量土工法は、浚渫土などの建設発生土に固化材と気泡や発泡ビーズのどの軽量化材を混合して作るリサイク材です。軽量材の混合により一般的な地盤材料より密度が小さく、固化材の添加により強度を自由に設定できます。 SGM軽量土工法は、地盤の沈下抑制や地震に対する耐震性の向上が図れる安定した地盤を造る工法です。


SGM軽量土(気泡混合)

SGM軽量土打設状況

特徴

SGM軽量土は、浚渫土や建設発生土などの原料土に水、軽量化材(気泡、発泡ビーズ)、固化材などを混合して作製される単位体積重量 8~13kN/m³の軽量な地盤材料です。

  1. 適切な密度や強度に調整できる地盤材料で,地盤の圧密沈下量の低減等に有効です。
  2. 適度な流動性を有しており,ポンプ圧送のみで締固めることなく,自由な形状に打ち込むことができます。
  3. 水中不分離性を有する配合設計が可能で,周辺海域環境への影響を低いレベルに抑えて施工できます。

実績

  • 平成15年度 青海コンテナふ頭岸壁(-13m)改良工事(その2)

関連資料

  • NETIS登録(CBK050002-A),試行現場照会中
  • (財)沿岸技術研究センター 港湾・空港における軽量混合処理土工法技術マニュアル(改訂版) 平成20年7月