技術紹介

Home技術紹介 › トレミー式敷砂撒布工法

地盤改良

トレミー式敷砂撒布工法(WTS-1000)

概要

WTS-1000WTS-1000は、沖合海底地盤の地盤改良工で施工される敷砂や、水質浄化のための覆砂工、砂浜を創出する養浜工などで、砂を薄層で均一に撒布することが出来る砂撒船です。

砂撒方法

特徴

  1. 1000m³/hrの施工能力を有し、大規模工事にも対応可能です。
  2. 敷砂材料は、海砂、山砂のどちらでも対応可能です。
  3. 材料の供給は、砂撒船搭載のバックホウにより、土砂運搬船からホッパーへ投入します。またガット船より直接ホッパーに投入することも可能です。
  4. 大水深での施工が可能です。(施工可能水深:水面下-5m~-20m)
  5. 本船には、材料を1500m³ストック可能なホールドを備えており、資材の供給が不連続な場合でも安定的な施工が可能です。
  6. 撒布厚さは、振動フィーダとゲートの開度により調整される砂の供給量とコンピューター制御されたアンカーワイヤーのウインチ操作による本船の移動速度で決まります。
  7. 施工管理は、砂撒船の位置管理をGPS測位システムとジャイロコンパス、撒布厚さ管理をオートレッド測深システムにより行います。

実績

  • 関西国際空港二期空港島建設工事
  • 大阪新島護岸工事
  • 東京国際空港D滑走路建設他工事