技術紹介

Home技術紹介 › エコジオドレーン工法

地盤改良

エコジオドレーン工法

生分解性プラスチックドレーン材を使用した地盤改良工法

概要

エコジオドレーン工法は鉛直ドレーン材に生分解性プラスチックを使用して,さらにサンドマット用砂を使用せず,水平ドレーン材にも生分解性プラスチックを使用する地球環境に配慮したプラスチックドレーン工法です。本工法では,ノーナルドレーン(鉛直ドレーン)とBSBドレーン(水平ドレーン)を使用しています。


施工イメージ

ドレーン材は,とうもろこしなどを原料としたポリ乳酸から生まれた製品です。自然環境下で水と炭酸ガスに分解されます。

特徴

  1. 地球環境に優しい
    ・鉛直ドレーン,水平ドレーンとも生分解性プラスチックを使用しており自然環境下で微生物によって水と炭酸ガスに分解されます。
    ・サンドマット用の良質砂を使用しません。
  2. サンドマットを使用しません
    ・水平ドレーンの使用によりサンドマットに比べて圧密遅れを改善できます。
    ・水平ドレーン材は複合構造遊離型で耐圧性と地盤変状への追随性があります。
  3. 施工が容易
    ・軽量コンパクトなため施工性に優れ,経済的な工法です。
    ・材料は,吸水膨張せず,雨天対策など要しません。

鉛直ドレーンの打設

水平ドレーンの敷設

 

関連資料

  • NETIS登録(KTK-070005-A)