技術紹介

Home技術紹介 › WRUP工法

維持・補修

WRUP(ラップ)工法

海洋鋼構造物の防食システム

概要

港湾・漁港等の鋼構造物は厳しい腐食環境下に置かれています。特に近年,築造後相当の年月を経て腐食が進行した鋼構造物が急激に増加しつつあり,これらの鋼構造物の劣化に対する維持管理と長寿命化のニーズがクローズアップされています。
WRUP工法は,防食の対象となる鋼構造物の腐食の調査診断・防食補修設計および水中硬化型エポキシ樹脂による防食施工を一貫して行うものです。

特徴

WRUP工法は,構造物の形状に関わらず確実に施工できる工法で,構造物の重要度,経済性,施工性などによりWRUP工法-M,WRUP工法-Lを組み合わせて,より効果的に防食することができます。

  1. WRUP工法-M(パテタイプ塗装工法)
    パテタイプの水中硬化型エポキシ樹脂を使用し,主に水中部の防食を行なう工法です。長期の防食効果と耐衝撃性が期待できます。また,飛沫帯や気中部についても従来以上の十分な防食効果を発揮します。
  2. WRUP工法-L(湿潤面タイプ塗装工法)
    湿潤用エポキシ樹脂を使用し,主にスプラッシュゾーン以上の気中部の防食を行なう工法です。湿潤面での密着性が良好で耐水性,耐衝撃性,耐久性に優れています。

実績

  • 木更津港木更津南部地区岸壁(-12m)上部工事 (国土交通省発注工事3件)
  • 南本牧ふ頭建設工事(その136外周護岸防食工) 
  • (T社)石巻工場ドルフィン桟橋改造工事 (民間発注工事3件)