技術紹介

Home技術紹介 › WIT ブルドーザシステム

情報化施工

WIT ブルドーザシステム

概要

埋立工事、土地造成や道路工事等、ブルドーザによる敷き均し土工事の施工管理及び品質管理は、従来丁張の設置とオペレータとの綿密な打合せにより行われ、施工の効率はオペレータの経験と勘に委ねられてきました。
“WITブルドーザシステム”は施工の位置や均し高さ等施工情報をコンピュータにリアルタイムで自動で取り込み、モニタ表示するためオペレータは経験と勘に頼ることなく容易に品質を維持し、施工の効率化が図れます。また、ブルドーザと施工管理事務所とは双方向通信によりリアルタイムに情報交換を行うため高度な施工管理が可能となり、工事の短縮とコストの低減にも寄与できます。

情報化施工

特徴

  1. 正確な位置誘導
    RTK-GPSの採用により正確な位置誘導ができます。
  2. 丁張りが不要(施工地盤高さのリアルタイム管理)
    RTK-GPS、2軸傾斜計、超音波距離計の複合データを演算処理し、グラフィック表示することで施工中の地盤高さのリアルタイム管理ができます。
  3. 施工情報の双方向通信
    ブルドーザには、双方向通信装置が接続されており、事務所からブルドーザへ作業エリア指定情報や文字情報を送信したり、ブルドーザから事務所へ作業状況・作業終了時の日報情報等を自動送信することができます。

システム構成
システム構成

実績

  • 関西国際空港二期空港島建設工事
  • 丹波綾部道路戸奈瀬段の尾改良工事
  • 東京国際空港D滑走路建設他工事