技術紹介

Home技術紹介 › 土壌汚染解析

解析技術

土壌汚染解析

土壌における水溶性汚染物質の移流拡散解析

概要

土壌汚染物質の移流拡散解析プログラムは,水溶性汚染物質の地盤中(地下水中)における移流拡散現象をシミュレーションするプログラムです.
本プログラムは,弊社が開発した地盤解析統合システムの一モジュールで,解析ソルバーには移流拡散解析としての適用実績が高いD-transu-2D/3D・ELを採用しており,二次元あるいは三次元場の解析シミュレーションが可能です。
土壌・地下水汚染の調査・対策のフローにおいて,汚染機構の解明あるいは浄化対策の効果予測を検討する際に,移流拡散解析を活用します。


土壌・地下水汚染の調査・対策フロー

特徴

■適用可能な事象

  1. 水溶性汚染物質の挙動
  2. 重金属(カドミウム,鉛,水銀,六価クロム,ヒ素など)
  3. 農薬(硝酸性窒素など)
  4. 汚染物質が化学反応や微生物分解などで別の物質に変化又は消滅する場合は,濃度の減衰項として等価に扱うことができる.
  5. 密度依存を考慮した移流分散解析が可能(塩水化問題).


点源汚染物質の拡散状況(3D解析)