技術紹介

Home技術紹介 › 地盤解析統合システム

解析技術

地盤解析統合システム

有限要素法による圧密沈下、地震時残留変形、移流拡散解析統合システム

概要

地盤解析統合システムは,軟弱粘性土地盤における圧密変形問題,砂質地盤における地震時残留変形問題,汚染物質の移流拡散問題等を,有限要素法を用いてシミュレーションする解析プログラムを統合したシステムです。
この統合システムでは,解析モデルの作成部および解析結果の出力部を共通化しているため,各プログラム間のメッシュの相互利用が可能であり,また解析結果の多彩な出力方法を備えているため,効率的・効果的に解析業務を行うことができます。地盤解析統合システムを利用することによって,予測シミュレーションに対する様々な要望に柔軟かつ迅速に対応することが可能です。


地盤解析統合システム

特徴

■解析ソルバーと適用事象
<GeoFem(港湾空港技術研究所)>

  • 軟弱粘性土地盤の圧密変形解析(PBD,SD,SCP,真空圧密工法,深層混合処理工法等,各種地盤改良工法に対応)
  • 近接施工における側方変位の影響解析
  • 安定解析(床堀掘削時の安定問題など)
  • 支持力解析(浅い基礎の極限支持力の評価)

<FLIP(港湾空港技術研究所)>

  • L2地震動に対する港湾・海岸・空港施設の耐震性照査
  • 液状化対策工法の効果判定

<LIQCA(京都大学)>

  • L2地震動に対する道路・河川構造物の耐震性照査
  • 液状化対策工法の効果判定

<D-transu-2D/3D・EL(岡山大学)>

  • 水溶性汚染物質の移流拡散問題
  • 汚染物質の漏出防御工(止水壁など)の効果判定


真空圧密工法の解析事例(GeoFem)


深層混合処理工法の解析事例(GeoFem)

実績

  • 東京国際空港D滑走路建設外工事
  • 徳山下松港港湾整備(T-9)工事第一工区
  • 徳山下松港土留築造工事