技術紹介

Home技術紹介 › 海浜変形解析技術

解析技術

海浜変形解析技術

海浜変形予測モデルによる海浜変形シミュレーション技術

概要

砂浜は、人々の憩いの場として古くから親しまれてきた貴重な環境資源です。また、来襲する波に合わせて砂州を形成し、波浪を減殺するといった自律的防災機能を持つことから、防災施設としても認められています。
 この砂浜海岸を整備する際には,漂砂に起因する海浜変形をはじめとした周辺環境への影響を適切に評価する必要があります。
 特に最近は、従来の構造物に加えて国土交通省による新技術情報提供システム(NETIS)により新しい構造物や海浜安定化工法の施工も増加しつつあり、その影響の評価には海浜変形シミュレーション技術が有用です。
 当社では、広範囲の海浜における長期的な変形状況を評価するのに有用な「汀線変化シミュレーション技術」および局所的な構造物の影響の相対評価や短期的な侵食問題などの評価において有用な「3次元海浜変形シミュレーション技術」を保有しております。

海浜変形シミュレーションには、適切な外力(波浪場、流れ場)の評価が欠かせません。そのため、沿岸波浪場の解析モデルおよび波浪により発生する海浜流の場を解析するモデルを併せて開発しております。下図は、離岸堤のある海浜における外力の計算結果です。


外力計算結果(波高分布) 外力計算結果(海浜流)

特徴

  1. 汀線変化モデル
    海岸線の変化を予測します。長期的な海浜変形の予測に向いています。
  2. 3次元改変変形モデル
    沖浜帯を含む海浜全体の変形を予測します。短期的な海浜変形の予測に向いています。

関連資料

  • 若築建設(株) 土木技術年報 2004年 Vol.13
  • 若築建設(株) 土木技術年報 2007年 Vol.16